Top >  妊娠初期症状 >  妊娠前に健康チェック

スポンサードリンク

妊娠前に健康チェック

妊娠がわかると、産婦人科でいくつかの検査を受けます。血液型、風疹、B型肝炎、梅毒、エイズなどの検査です。これらの健康上の問題点が妊娠後に見つかると、胎児への影響のため十分な治療ができません。場合によっては、妊娠の継続をあきらめなければいけないことも…。
もし、妊娠の継続に問題のある病気が妊娠する前にわかっていれば、胎児への副作用を気にすることなく薬の服用ができます。妊娠前に十分な治療を行って、妊娠のための準備を整えることができます。病気そのものの赤ちゃんへの影響を、心配する必要もなくなるわけです。
もし、あなたが妊娠前ならば、リスクを少しでも避けるという意味で、産婦人科での検査をおすすめします。もちろん、あなたがすでに妊娠していて、妊娠前に検査を受けていなかったとしても必要以上に心配することはありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 赤ちゃんが欲しい  |  トップページ  |  次の記事 風疹と妊娠  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。