Top >  妊娠初期症状 >  妊娠していなくても気をつけて

スポンサードリンク

妊娠していなくても気をつけて

妊娠しているかどうか分からなくても、日頃から気をつけて欲しいことがあります。妊娠初期の大切な時期に、胎児を傷つけてしまうことのないように。
まず、むやみに薬を飲まない。頭痛薬、風邪薬、乗り物の酔い止め薬、こうしたものに安易に頼る生活からは決別しましょう。薬に副作用は付き物です。薬の種類や量にもよるので一概には言えませんが、胎児にまったく影響がない、胎児にとって100%安全と言いきれる薬はないと思った方がよいでしょう。
インフルエンザなどの予防接種も同様です。予防接種は原則として受けるのはやめましょう。
それから、レントゲン撮影。X線は、間違いなく胎児に有害なものです。とくにX線の影響が大きいのは、妊娠に気づかないような妊娠のごく初期の段階です。胸部撮影程度なら問題ないと言われていますが、バリウム検査はまずいです。
いずれの場合も、妊娠の可能性を医師に伝え、きちんと相談することが大切です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 産婦人科に診てもらうのはいつ?  |  トップページ  |  次の記事 心臓病  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。