Top >  妊娠初期症状 >  タバコ

スポンサードリンク

タバコ

まず結論から言えば、赤ちゃんのためにタバコはやめましょう。喫煙者のあなたでも、実は分かっていることだと思いますが、健康な赤ちゃんを産むためには、少なくとも妊娠中のタバコはやめるべきです。
妊娠中に喫煙している母親から生まれる赤ちゃんは、低出生体重児や早期産の多いことが分かっています。さらに生まれたあとの成長や知能の発達に影響があるとも言われています。
タバコに含まれるニコチンの影響で、子宮や胎盤の血管は収縮します。母親の血液には一酸化炭素が増え、酸素が不足します。こうなると赤ちゃんはどうなるでしょう。酸素や栄養素の供給が十分行われず、成長に悪影響が出るのは素人目にも明らかです。
間接喫煙も同様に悪影響があります。夫や家族をはじめ、職場などでの周囲の人にも協力を求めましょう。外出先でも、タバコの煙が立ち込めているような場所への出入りは避けるよう心がけましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 はじめての産婦人科  |  トップページ  |  次の記事 高血圧  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。