Top >  妊娠初期症状 >  お酒、コーヒー、紅茶

スポンサードリンク

お酒、コーヒー、紅茶

お酒はタバコほどの悪影響はないとは言え、やはり少量にしておくか、やめてしまうのが無難です。妊娠時に飲酒をすれば、血液に含まれたアルコールは、当然胎盤を通して胎児にも流れていきます。子供の成長に影響があるため、未成年の飲酒が禁止されているのに、胎児に良いわけがありません。
飲酒の量や妊娠の週数によっては胎児に異常が起きることもあり、胎児性アルコール症候群といわれる赤ちゃんが生まれることもあります。その場合には、出生後の成長も遅く、中枢神経系の機能障害もあらわれます。また、酔っ払って転倒してしまい、流産してしまうこともあります。
カフェインを含むコーヒーや紅茶も、1日1〜2杯なら問題ないですが、大量摂取は禁物です。就寝前に濃いコーヒーを飲むと、なかなか寝付けなくなることもあるので、夜飲むのも気をつけてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 産婦人科の問診票  |  トップページ  |  次の記事 低血圧  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。