Top >  妊娠初期症状 >  風疹と妊娠

スポンサードリンク

風疹と妊娠

風疹とは、一般に三日ばしかと呼ばれる、ウイルスによる感染症です。妊娠20週ごろまでに風疹に感染すると、ウイルスが胎盤を通って、聴覚障害、先天性白内障、心臓奇形などの原因になることがあります
風疹は、ワクチン接種や一度感染すれば、抗体ができるので、通常は二度感染することはありません。とは言え、以前ワクチンを接種した人や、すでに風疹にかかったことがある人も、念のため検査を受けることをオススメします。抗体が十分でないこともありますし、風疹に症状が似た病気もいろいろあるからです。
産婦人科の風疹の検査では、風疹の抗体が十分にできているかどうかを調ぺます。抗体がきちんとできていれば、妊娠中に風疹が流行しても心配する必要はありません。抗体が不十分であれば、ワクチン接種で抗体ができたのを確認してから妊娠へと進みます。
妊娠後の検査で抗体がないということになれば、あとは風疹にならないように天に祈るしかありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 妊娠前に健康チェック  |  トップページ  |  次の記事 B型肝炎と妊娠  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。