Top >  妊娠初期症状 >  血液型不適合

スポンサードリンク

血液型不適合

生まれてくる赤ちゃんとお母さんの血液型が合わないと、血液型不適合という障害を起こすことがあります。特に、O型とRh(-)マイナスの女性の場合は注意が必要です。といっても、過剰な心配をする必要はありません。ABO式の不適合では、問題が生じることは少なく、生まれてからでも十分間に合います。
また、Rh式の不適合も、Rh(-)マイナスであることが事前にわかっていれば、心配することはありません。特に、初めての妊娠、出産の場合にはほとんど問題になりません。また、初めての出産の後、血液型不適合の原因となる抗体をできなくする注射を受けておけば、2回目の以降の妊娠についても心配することはありません。
ただ逆に言うと、Rh(-)マイナスの女性は初めての妊娠が大切ということになります。不用意に中絶、流産などすることのないよう注意が必要です。早い時期に自分の血液型を調べておきましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 内診て何するの?  |  トップページ  |  次の記事 腎臓病  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。