Top >  妊娠初期症状 >  B型肝炎と妊娠

スポンサードリンク

B型肝炎と妊娠

B型肝炎はウイルスによって感染し、母子感染率が高いため、妊娠に際して影響が気になる病気です。B型肝炎の場合、妊娠自体への影響はなく、妊娠中の感染もまずありません。しかし、出産時のお母さんの出血により赤ちゃんに感染する危険があり、感染の割合は3〜4割と言われています。
B型肝炎にかかっているかどうかは、血液検査でウイルスの有無を調べます。ほとんどの病院で妊娠初期に検査をします。B型肝炎は、ウイルスを持っていても症状が現れるとは限らず、そういう人をキャリアといいます。
B型肝炎ウイルスに感染したお母さんから生まれた赤ちゃんは、出産後すぐに検査を行います。赤ちゃんがB型肝炎に感染していなければ、ワクチン接種などの予防措置を行います。赤ちゃんが肝炎に感染していると、赤ちゃんも将来、肝機能障害や肝硬変、肝臓ガンになる危険性が高くなります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 風疹と妊娠  |  トップページ  |  次の記事 梅毒と妊娠  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。