Top >  妊娠初期症状 >  なぜ、血液型不適合が起こるの?

スポンサードリンク

なぜ、血液型不適合が起こるの?

Rh(+)プラスの人は、血液中にRh抗原という物質を持っています。Rh(-)マイナスの人は、Rh抗原を持っていません。あなたもご存知のとおり、Rh(-)マイナスは珍しい血液型です。日本人では、200人に1人の割合です。このため、Rh(-)マイナスの女性が結婚する相手は、大抵の場合Rh(+)プラスの男性ということになります。そして、お父さんがRh抗原を持っているので、その赤ちゃんもRh抗原を持ったRh(+)プラスの赤ちゃんです。
Rh抗原のない母体にとって、Rh抗原を持った赤ちゃんは異物と同じ。母体はRh抗体を作ってこれに対抗します。インフルエンザの予防接種で抗体を作って、ウイルスが侵入したときにやっつけてしまうのと同じことです。
このため、Rh(-)マイナスの女性にとって、問題となるのは2回目以降の妊娠で、初めての妊娠はほとんど問題になりません。しかし、2回目以降の出産に関しても、初めての出産の後、Rh抗体をできなくする注射を受けておけば心配はありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 尿の検査  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。