Top >  妊娠初期症状 >  高年初産て何歳?

スポンサードリンク

高年初産て何歳?

30歳を過ぎて初めて出産を経験することを、高年初産と呼びます。過去に妊娠していても、中絶や流産をしてしまっている場合は、出産とは考えません。
人間の肉体的な機能は、20歳代で成熟し徐々に低下していきます。女性の妊娠・出産の機能も例外ではありません。女性の身体的な妊娠・出産の機能が、十分な年齢を何歳と見るかは個人差もありますが、年齢が高くなればなるほど、妊娠・出産に不利な面があることは間違いありません。流産、早産が多くなったり、胎児の先天異常の可能性が高まります。
しかし今の時代、30歳代でもまだ十分な機能を持っている女性が多く、元気な赤ちゃんを出産しています。高年初産というのは医学上の定義なので、30歳からを高年初産というのは現代では若干違和感があるようです。また、現在の医療は行き届いているので、医師とともに注意深く妊娠を見守っていけば心配ありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 普通分娩  |  トップページ  |  次の記事 椎間板ヘルニア  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。