Top >  妊娠初期症状 >  高年初産と若年初産

スポンサードリンク

高年初産と若年初産

高年初産は悪いことばかりではありません。いいところもたくさんあります。
30歳ともなれば、精神的に成熟しているわけですから、精神的に余裕をもって出産に望むことができ、育児にも取り組むことができます。赤ちゃんを出産するチャンスも限られてくるわけですから、妊娠や出産に対する真剣みも変わってくるでしょう。赤ちゃんに対する思いが強く、生まれてくる子供への愛情もいっそう深くなるでしょう。
高年初算とは逆に、19歳以下での出産を若年初産といいます。身体的な機能としては、18歳になっていれば、ほとんど問題はありません。ただ、両親とも若すぎると、社会的、経済的に自立していなかったり、精神的にはまだまだ未熟な部分も多いでしょう。また、出産を望んでいないケースも少なからずあることでしょう。もちろん若くして赤ちゃんをもうけ、立派に育てあげている方はたくさんいらっしゃいます。そのためには、本人の自覚と責任感と同時に、周囲の温かい視線が欠かせません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 無痛分娩と帝王切開  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。