Top >  妊娠初期症状 >  基礎体温

スポンサードリンク

基礎体温

基礎体温は、早く確実に妊娠を知る方法のひとつです。
黄体ホルモンが分泌されているかどうかで、基礎体温は高温相と低温相に分かれます。排卵すると、黄体ができて黄体ホルモンが分泌され高温相になります。妊娠しなければ、2週間ほどで黄体が衰え、黄体
ホルモンが分泌されなくなります。月経が始まり、次の排卵まで低温相となります。
妊娠すると、黄体は衰えることなくそのまま残り、黄体ホルモンが分泌され続け、高温相が続くことになります。このため、高温相が3週間も続くようであれば、妊娠ということがわかります。
毎朝、基礎体温を測ってグラフにするのは結構おっくうです。けれども、安全簡単に自分でできる方法なので、ぜひ実行してみてください。
たとえば、月経が1週間程度遅れたとしても、これだけでは妊娠かどうか判断することはできません。基礎体温をつけていれば、これでわかります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 B型肝炎ウイルスの検査  |  トップページ  |  次の記事 優性遺伝と劣性遺伝  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。