Top >  産婦人科と妊娠検査 >  B型肝炎ウイルスの検査

スポンサードリンク

B型肝炎ウイルスの検査

B型肝炎の原因になるのが、B型肝炎ウイルスです。HBs抗原検査で、B型肝炎ウイルスの有無を調べます。ウイルスはに感染するいろいろな経過をたどり、必ず発病するわけではありません。ウイルスは身体に残っているものの症状はまったくないという場合もあり、このようにしてウイルスを持っている人を、キャリアと呼びます。
妊婦がキャリアで、そのウイルスが活発な場合、出産の時に赤ちゃんへ産道感染する恐れがあります。母親がキャリアだと、生まれてくる子供にも高い確率で感染してキャリアになる可能性があるわけです。血液検査で妊婦がキャリアであることが分かると、誕生後、赤ちゃんにHBワクチンと免疫グロブリンを注射します。これで、赤ちゃんに感染したウイルスを破壊できるのです。
子供がキャリアになると、成人してから、肝硬変や肝ガンになる率が高くなります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 あらかじめ帝王切開が決まっている揚合  |  トップページ  |  次の記事 基礎体温  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。