Top >  産婦人科と妊娠検査 >  内診て何するの?

スポンサードリンク

内診て何するの?

問診がひととおり終わると、内診を受けることになります。内診は内診台に上がって受けるのですが、誰でも、内診台には抵抗があるものです。特に、はじめての産婦人科の診察の場合にはなおさらです。でもこの内診は、妊娠の有無だけでなく、正常な妊娠であるかどうかを判断するために必須のものです。緊張せず、楽な気持ちで内診を受けてください。
医師は、子宮や卵巣の位置、硬さ、大きさを、膣の中に入れた指と、おなかの上に置いたもう一方の手で診断します。妊娠していれば、子宮は大きくなっているはずです。妊娠していないときの子宮の大きさは、ニワトリの卵くらいです。内診で子宮が大きくなっているようであれば、妊娠していることになりますし、子宮の大きさから、妊娠何週くらいか知ることもができます。内診のときにおなかに力が入っていると、医師がさわってもこの判断がつきにくくなります。医師の指示に従って、楽な気持ちでおなかの力を抜いてください。
内診のときには脱ぎやすい服を着ていきましょう。下半身の衣服をとればOKです。内診の他にも、からだのようすを外から見たり、尿の検査などでも妊娠を確かめます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 流産と早産  |  トップページ  |  次の記事 血液型不適合  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。