Top >  産婦人科と妊娠検査 >  妊娠検査薬

スポンサードリンク

妊娠検査薬

一般に市販されている妊娠検査薬は、妊娠すると尿中に排泄される絨毛性ゴナドトロピンというホルモンの有無を調べるものです。産婦人科に行く前に、早く自分の目で確かめてみたいという人にとっては、扱いが簡単で危険性もなくとても便利な方法です。
ただし、気をつけなくてはいけないことがあります。妊娠検査薬は、あくまでも尿中のホルモンの有無を調べているだけである、ということです。妊娠検査薬の反応があったとしても、胎児が順調に育っているかどうかまでは判断できないわけです。まれに、絨毛が異常に増殖して絨毛性ゴナドトロピンを分泌する、胞状奇胎という病気もあります。逆に、妊娠検査薬の反応がなかったとしても、まだ排卵が遅れた影響で妊娠週数が浅くホルモンの分泌が少ないだけ、あるいは尿が薄かったというような場合もあります。
少しでも、妊娠かもしれない?と感じたのであれば、かならず産婦人科に出向き、医師の診断を受けるようにしてください。妊娠検査薬は、あくまでも補完的な位置づけであると考えてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 切迫流産  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんをいつ産むか  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。