Top >  産婦人科と妊娠検査 >  超音波断層法

スポンサードリンク

超音波断層法

超音波とは、人間が聞くことのできる周波数よりも振動数の高い、16,000ヘルツ以上の音波のことです。この超音波を出す装置をおなかにあてると、超音波は腹壁を通し胎児にまで達します。超音波断層法では、子宮の中の胎児に反射してもどってき超音波を、ブラウン管に映し出して胎児の様子を診断するのです。超音波断層法による検査は、レントゲンのX線のような危険性はなく、妊婦に苦痛を与えることもありません。超音波断層法では、子宮外妊娠などの異常はないか、先天異常はないか、という診断ができ、双子や三つ子も妊娠初期にわかります。妊娠7〜8週になると、超音波ドップラー法で胎児の心拍音を聴くこともができます。
はじめは赤ちゃんなんて分からなかったのに、妊娠12週ごろになるとはっきり胎児の形がわかるようになります。おなかの中のわが子の様子を、間接的にブラウン管上の映像として自分の目で確かめることができるのは、とてもうれしいことです。映像のコピーをもらって、自宅に持ち帰ることもできます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 習慣流産、反復流産  |  トップページ  |  次の記事 何人産む?いつ産む?  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。