Top >  産婦人科と妊娠検査 >  体重、身長、骨盤の測定1

スポンサードリンク

体重、身長、骨盤の測定1

体重については、妊娠初期だけでなく妊娠期間中、継続して測定します。当然、胎児が順調に成長していけば、それに伴って体重は増えていくものです。一方、急激な体重の増加は、羊水過多や妊娠中毒症の疑いが出てきます。一般的に太目の人のほうが安産タイプと思われていますが、どちらかというと妊娠中やお産のときに問題が起こりがちなのは太っている人です。食べすぎによる体重増加には、気をつけましょう。
初診の時には体重といっしょに、身長も測定します。妊娠、出産に背の高さは関係ないような気がしますが、体重の増加を標準値と比較するときに、身長の大小が関連してきます。また体格が小さい人の場合、出産に耐えられるかどうかという問題も出てきます。
体格上の問題という意味で、もうひとつ測定があります。骨盤の入口、出口などの寸法を、骨盤計というもので計測します。骨盤が小さすぎると自然分娩が困難になるため、事前に帝王切開などの手当てを考える必要があるわけです。これには、胎児の頭の大きさとの関連が大きいので、胎児の成長とともに検討を続けます。妊娠が進むと、腹囲、子宮底の長さなども測定します。

スポンサードリンク

 <  前の記事 妊娠初期の検査と定期健康診断  |  トップページ  |  次の記事 尿中のタンパク、糖  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。