Top >  産婦人科と妊娠検査 >  血液検査

スポンサードリンク

血液検査

血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型肝炎ウイルス、梅毒血清反応などがあります。体内をめぐる血液からは、こんなにたくさんの情報が得られるのです。さらに、必要に応じて行なう検査に、トキソプラズマ抗体の検査、エイズ検査などがあります。
血液検査の代表的な項目は、血液型です。出産のときには、多量の出血がいつでもありえます。緊急時の輸血に備えて、ABO式とRh式の血液型を調べるのです。
それだけではありません。赤ちゃんとお母さんの血液型が合わないと、血液型不適合という障害を起こすことがあります。特に、O型とRh(-)マイナスの女性の場合は注意が必要です。この血液不適合がおきないかどうか調べる意味からも、血液型の検査を行います。
また、輸血と血液型不適合、両方の観点から、夫の血液型も調べておく必要があります。夫がなかなか病院に行く都合がつかない場合、献血でもかまわないでしょう。
血圧の高い人は、妊娠中毒症の恐れがあるので、妊娠中を通して血圧のチェックも行います。

スポンサードリンク

 <  前の記事 尿中のタンパク、糖  |  トップページ  |  次の記事 貧血  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。