Top >  産婦人科と妊娠検査 >  貧血

スポンサードリンク

貧血

貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が多いようです。赤血球の中の血色素(ヘモグロビン)が少ないと、貧血になります。このヘモグロビンの濃度から、貧血の有無を調べます。ヘモグロビン濃度が11g/dl以下の場合は貧血を診断されます。
妊娠中、胎児に酸素を運ぶのは母体のヘモグロビンなので、貧血がひどくなると十分な酸素が供給できず、胎児の成長にも悪影響を及ぼすことになります。また、胎児のほうは母体の状態にもかかわらず、必要なものはおかまいなしにとっていくので、母体に支障をきたすことにもなります。
貧血と診断されると、食事指導や鉄剤を飲むなどの治療が必要になります。貧血でなかった人も、妊娠の進行にともない貧血になることもあります。貧血と診断された人は、妊娠初期と妊娠後期の2回だけでなく、さらに検査の回数が多くなります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 血液検査  |  トップページ  |  次の記事 出産の費用は?  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。