Top >  産婦人科と妊娠検査 >  風疹抗体価の検査

スポンサードリンク

風疹抗体価の検査

風疹とは、一般に三日ばしかと呼ばれる、ウイルスによる感染症です。妊娠初期に風疹感染すると、流産したり、赤ちゃんが先天性風疹症候群にかかる可能性があります。このため、産婦人科の風疹の検査では、風疹の抗体が十分にできているかどうかを検査します。風疹の抗体価は8の倍数で示され、抗体価が高かった場合は再検査をします。
実を言うと、風疹については妊娠前にわかっていないとあまり意味がありません。妊娠後の検査で、抗体がきちんとできていることがわかれば、妊娠中に風疹が流行しても心配する必要はありません。もし、妊娠後に、抗体のないことがわかったときは、できるだけ外出をさけるなど、注意深く、風疹に感染しないよう生活することです。あとは風疹にならないように天に祈るしかありません。
風疹は、ワクチン接種や一度感染すれば、抗体ができるので、通常は二度感染することはありません。とは言え、以前ワクチンを接種した人や、すでに風疹にかかったことがある人も、念のため検査を受けたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 計画分娩とは  |  トップページ  |  次の記事 妊娠による身体の変化  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。