Top >  産婦人科と妊娠検査 >  梅毒血清反応

スポンサードリンク

梅毒血清反応

梅毒はセックスで感染する性感染症のひとつで、スピロヘータ・パリダという病原体が引き起こします。梅毒は妊婦にも胎児にもとても影響の大きな病気のため、妊娠がわかった時点で必ず検査をします。
母親が梅毒に感染すると、梅毒の病原菌スピロヘータ・パリダは、胎盤を通して赤ちゃんに感染します。
このため、胎盤が完成する前に発見して、早めにきちんと治療をすれば、胎児に感染させずにすませることもできます。早期の検査が必須になるわけです。
梅毒が胎児に感染すると、流産、早産を引き起こしたり、生まれた子供が先天梅毒児として障害を持って生まれる可能性もあります。梅毒は多くの人にとって縁のない病気かもしれませんが、女性は梅毒に感染しても、80%はその症状に気がつかないことが多いので、必ず検査を受けてください。ただし、妊娠後だけではなく、妊娠前の検査が大切なのも梅毒の特徴です。妊娠前に治療が完了していれば問題ないからです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 分娩への夫の立ち会い  |  トップページ  |  次の記事 基礎体温のグラフ  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。