スポンサードリンク

妊娠初期症状?はじめての妊娠

妊娠初期症状?そう思ったら、すぐに産婦人科へ!はじめての妊娠かも知れません。

スポンサードリンク

« 2007年05月 | Top2007年07月 »

【新着情報】

出産に麻酔を使用する場合、二つのパターンが考えられます。 ひとつは出産の痛みを軽...

アレルギーは、身体を守る防衛システムである「抗原抗体反応」の過剰反応が原因です。...

高年初産は悪いことばかりではありません。いいところもたくさんあります。 30歳と...

赤ちゃんに出会えるうれしさはあるものの、初めての出産の場合、お産の痛みに対する恐...

椎間板ヘルニアは、椎間板が後方にはみ出し神経を圧迫し、腰痛や下半身の痛み、しびれ...

30歳を過ぎて初めて出産を経験することを、高年初産と呼びます。過去に妊娠していて...

最も一般的な分娩方法が普通分娩です。もっとも自然の流れにそった出産方法であるとは...

痔とは肛門の疾患の総称で、痔核、痔ろう、裂肛などがありますが、とくに妊娠、出産に...

妊娠の時期を選べば、出産する季節を選ぶことも不可能ではありません。 妊娠中のこと...

なんらかの問題が生じて医師に禁止されているのでなければ、妊娠中のセックスを控える...

結核の場合、赤ちゃんに結核が感染するとか、結核の治療に使われる抗結核剤が赤ちゃん...

子供を何人産むか?二人以上なら、2番目以降の子供はいつ産むか?まずは母体の回復が...

超音波とは、人間が聞くことのできる周波数よりも振動数の高い、16,000ヘルツ以...

習慣流産とは、3回以上流産を繰り返すことで、検査、治療の対象となります。習慣流産...

ぜんそくの原因は、遺伝的なもののほか、家の中のホコリ、大気汚染、さらにはウイルス...

両親の経済面、健康面など、できるだけ環境の整ったときに赤ちゃんを産みたいのが人情...

一般に市販されている妊娠検査薬は、妊娠すると尿中に排泄される絨毛性ゴナドトロピン...

妊娠は継続しているにもかかわらず、出血や腹痛などの流産の兆候が現れている状態を「...

糖尿病は、すい臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足し、血液中のブドウ...

Rh(+)プラスの人は、血液中にRh抗原という物質を持っています。Rh(-)マイ...

卵子が受精すると受精卵になり、子宮内膜に着床します。子宮内膜に着床した受精卵はそ...

妊娠初期、12週未満の流産を早期流産と呼び、流産の大半はこの時期に起きます。この...

腎臓は体内の老廃物を排泄する機能はもちろん、血圧の調節や造血作用などに関与する臓...

生まれてくる赤ちゃんとお母さんの血液型が合わないと、血液型不適合という障害を起こ...

問診がひととおり終わると、内診を受けることになります。内診は内診台に上がって受け...

じつは早産というのは、以前の呼び方で現在の正式な呼称は「早期産」といいます。早期...

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo