Top >  妊娠生活と出産準備 >  ほんとに出産予定日に生まれるの?

スポンサードリンク

ほんとに出産予定日に生まれるの?

普通に考えれば分かるとおり、時計で計ったように出産予定日に生まれるわけはありません。出産予定日を計算する根拠となっているのは、妊娠期間の280日です。ただし、この280日というのは、統計的に280日で生まれる確率が一番高いというだけです。仮に、受精日がはっきりわかっていても、それからちょうど出産予定日に生まれるとは限りません。受精日がわかっているケースでも、予定日の前後5日以内に生まれる赤ちゃんは約7割です。
通常は受精日がはっきりしない上に、身体的な個人差や精神的な影響も大きいです。予定日は、大きくずれて当たり前と思った方がよいでしょう。特に問題のない通常のお産は、出産予定日の前3週間と後2週間です。出産は早すぎても、遅すぎても問題が出ていますが、90%以上の赤ちゃんは、出産予定日の前3週間と後2週間の間に生まれます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧  |  トップページ  |  次の記事 産婦人科の問診票  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。