Top >  妊娠生活と出産準備 >  流産と早産

スポンサードリンク

流産と早産

じつは早産というのは、以前の呼び方で現在の正式な呼称は「早期産」といいます。早期産と流産のさかいめは妊娠22週です。妊娠22週までに妊娠が終了してしまうことを流産、22週以降36週までの間に分娩することを早期産といいます。
なぜ妊娠22週なのかというと、現在の医療技術で、赤ちゃんの命を助けることができる分岐点が、22週なのです。現在の医療では、21週までに生まれてしまった赤ちゃんは、残念ながら助けることはできません。
とは言いながら、医療技術は確実に進歩しています。ひと昔前は、妊娠何ヵ月というのが一般的な数え方でしたが、WHO(世界保健機関)の勧告により満の週数と日数で数えようになりました。このときに、従来は流産とみなされていた妊娠第七月が、早期産の範囲に入っ他のです。それだけ、早く生まれても育てられるようになったのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 肝臓病  |  トップページ  |  次の記事 内診て何するの?  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。