Top >  妊娠生活と出産準備 >  流産を防ぐには

スポンサードリンク

流産を防ぐには

妊娠初期、12週未満の流産を早期流産と呼び、流産の大半はこの時期に起きます。この原因のほとんどは、染色体異常など受精卵の側に原因があります。染色体に異常のある受精卵は、ほとんどの場合、大きく育つ前に流産してしまうのです。このような流産は防ぐことができません。
しかし、母親の不注意による流産はなんとしても避けなけらばいけません。特に妊娠初期の7週ぐらいまでは、流産しやすい時期です。この時期は、けして無理をせず、すこやかに過ごすようにしましょう。
妊娠中のおかあさんが健康で快適に過ごすことは、おなかの赤ちゃんにとっても非常に重要なことなのです。過労、過激な運動、強い振動、ある種の薬の服用、母親の病気など、原因はいろいろあります。こんなことで大切な赤ちゃんを失ってしまうことがないよう、十分気をつけてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 腎臓病  |  トップページ  |  次の記事 尿の検査  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。