Top >  妊娠生活と出産準備 >  習慣流産、反復流産

スポンサードリンク

習慣流産、反復流産

習慣流産とは、3回以上流産を繰り返すことで、検査、治療の対象となります。習慣流産の場合、その後も流産する確率が6割を超えてしまいます。2回の流産は反復流産といいますが、この反復流産の人が次にまた流産をするかどうかは、なんともいえないところです。
習慣流産の原因には、子宮筋腫、子宮奇形、子宮頸管無力症、性感染症などがあげられます。母親のホルモン異常や何らかの病気が、習慣流産の原因になることもあります。また父親、母親のどちらかが染色体異常というケースもあります。この場合、受精卵も染色体異常になる可能性が高いのです。
習慣流産の原因が子宮の形が原因と考えられる場合は、手術による治療が可能です。夫婦どちらかの染色体異常が原因の場合は、治療ということではなく、次の妊娠で受精卵に染色体異常が現れないよう祈りましょう。3回流産しても、4回目には無事出産を迎えられたという人も多くいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ぜんそく  |  トップページ  |  次の記事 超音波断層法  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。