Top >  妊娠生活と出産準備 >  普通分娩

スポンサードリンク

普通分娩

最も一般的な分娩方法が普通分娩です。もっとも自然の流れにそった出産方法であるとはいえ、楽な出産のためには、やはり事前に出産についての正しい知識を持ったうえで出産を迎えることが大切です。本や母親学級、病院や保健所の講習に参加して、しっかり勉強、実習を行ってください。正しい知識と補助動作を身につけておけば、実際の出産の時にもよりスムーズな出産をすることができます。
病院を選ぶ時には、病院の設備とスタッフの整った病院を選びたいですが、それだけでなくその病院での出産経験者の話しを聞くことができれば心強いです。里帰り出産を考えているのであれば、実家から近いところで探すことになります。個室がいいのか?大部屋がいいのか?このあたりも悩むところです。
出産をするのあなた自身ががんばらなければいけませんが、医師や肪産婦などの病院スタッフ、もちろん家族からの援助も大切です。病院や出産方法も納得のいくように選んでください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 痔、脱肛  |  トップページ  |  次の記事 高年初産て何歳?  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。