Top >  妊娠生活と出産準備 >  麻酔使用の出産への影響

スポンサードリンク

麻酔使用の出産への影響

出産に麻酔を使用する場合、二つのパターンが考えられます。
ひとつは出産の痛みを軽減するために、あらかじめ予定した無痛分娩や帝王切開です。もうひとつは自然分娩の予定で分娩に望んだものの、あまりにも出産に時間がかかったり、母親の体力の消耗が激しい場合です。出産をスムーズにし、母子の命を守るために、医師の判断により麻酔が用いられる場合があります。麻酔の使用は、お産をスムーズなものにする一方で、赤ちゃんへの麻酔薬の影響は皆無ではありません。また、お産の痛みを経験しないで赤ちゃんを産むことに対して、賛否両論あることも知っておく必要があります。出産を経験したお母さんであれば、通常誰もが経験するであろう出産の痛みを知らないということ。産みの苦しみを経験しないということの意味は、けして小さくありません。痛みを乗り越えたむこうにかわいい赤ちゃんが待っていると思って、出産に前向きに取り組んでください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 アレルギー  |  トップページ  |  次の記事 妊娠ってどうやってわかるの ?  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。