Top >  妊娠生活と出産準備 >  計画分娩とは

スポンサードリンク

計画分娩とは

病院側の態勢や妊婦の状態や都合に応じて、事前に日程をきめて出産をすることを計画分娩といいます。計画分娩をすることで病院側のスタッフが十分にそろっている態勢で出産ができる、妊婦側も破水などの不安を抱えることなく事前にスケジュールを調整して出産に望むことができます。病院側と妊婦側の意向が一致すれば、安心して出産に望める出産方法といえるでしょう。
一方で、妊婦側は自然分娩を望んでいるのに、病院の都合で計画分娩になるケースもあるようです。出産間際になって計画分娩を告げられ慌てることのないよう、あらかじめ妊娠の早い段階で医師に相談しておくとよいでしょう。
計画分娩で人工的にお産を始めるための分娩誘発には、静脈から陣痛促進剤を点滴するやりかたが一般的です。人工的な陣痛は、呼吸法などではコントロールしにくいといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 先天異常児が生まれる原因  |  トップページ  |  次の記事 風疹抗体価の検査  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。