Top >  妊娠生活と出産準備 >  あらかじめ帝王切開が決まっている揚合

スポンサードリンク

あらかじめ帝王切開が決まっている揚合

さかごや児頭骨盤不適合など、普通分娩が難しいことがあらかじめわかっている帝王切開の場合、36週ころに医師と相談のうえ手術日を決めます。通常は38〜40週ごろになりますが、さかごの場合は普通分娩になる可能性も残されています。
あらかじめ予定した帝王切開の場合、自然の陣痛を待たずに手術を実施します。自然の陣痛が起きてしますと、さかごの場合、胎児の足が出たところで、陣痛が止まってしまうことがあります。胎児より先に臍帯が子宮から出てしまい、胎児の命に危険が生じる可能性もあります。このため、陣痛が始まってしまったら、帝王切開予定日の前に手術することにもなります。
帝王切開で出産日が決まっていても、その前に破水、陣痛が始まる場合もあるので、通常の普通分娩を予定している人よりも、よりいっそう注意して日常を過ごしてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 遺伝病  |  トップページ  |  次の記事 B型肝炎ウイルスの検査  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。