Top >  妊娠生活と出産準備 >  夫にとっての立会い分娩

スポンサードリンク

夫にとっての立会い分娩

立会い分娩というものが、一般的に認知されるようになってきたとはいえ、依然として少数派であることには変わりがありません。夫の仕事が、忙しく事前の講習などに十分参加することができない。出産の日時も決まっているわけではないので、スケジュールの調整がつかない。病院側が立会い分娩に対応していないというケースも多く見られます。
立会い分娩に対しする夫婦の考えが同じであれば問題はありませんが、現実には必ずしもそうはいかないことも多いでしょう。妻に立会い分娩の希望があるにもかかわらず、夫が賛成してくれない場合、父親としての自覚や愛情に対して不満を感じることもあるでしょう。
人生に何度もあることではありません。そのような場合も、妻自身の立ち会って欲しいという気持ちを一方的に押し付けるだけでなく、自分たち夫婦にとっての出産ということについて、きちんと話し合うことが必要です。お互いを思いやる気持ちを持ち、夫婦とも納得して分娩にのぞみましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 近親結婚と劣性遺伝  |  トップページ  |  次の記事 卜キソプラズマ抗体の検査  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。