Top >  妊娠生活と出産準備 >  立会い分娩への夫の心構え

スポンサードリンク

立会い分娩への夫の心構え

まず、事前の父親学級には可能な限り参加しましょう。どうしても参加できないとしても、実際に立ち会った時に、あわてたり不安になることのないよう、出産についての最低限の知識を身に付けておく必要があります。
夫が分娩に立ち会うにあたっては、清潔な服装はもちろんですが、出産をスムーズに進めるためには、医師や病院スタッフへの信頼が大切です。聞きかじりの知識で口をはさむような態度はもってのほか。でしゃばることなく、妻の支えになり、苦しみを分かちあう気持ちで立ち会いましょう。
また、病院内にはたくさんの妊婦さんがいるわけです。むやみに病院内をうろうろすることはやめましょう。
わが子が生まれた瞬間を見ることが、立会い分娩ということではありません。わが子の出産ももちろん大切ですが、夫婦協力して出産を乗り越えるということが重要なのです。出産の最初の段階から、出産を終えた後まで、しっかり妻の支えになってあげてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 配偶子病  |  トップページ  |  次の記事 胎芽病  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。