Top >  妊娠生活と出産準備 >  母子同室

スポンサードリンク

母子同室

本来、母親と赤ちゃんは一緒にいるのが普通で、母子同室が自然な姿といえるでしょう。母子同室の良いところは、なんといっても、身近にわが子がいることで、より強い愛情を抱供養になるということでしょう。母親が赤ちゃんの世話に早くなれるということもあるでしょう。また、早い時期から赤ちゃんと身近にいることで、母乳が良く出るようになるそうです。赤ちゃんに触れることで、ホルモンの分泌が活発になるのですね。
一方、今の日本では、出産後の赤ちゃんは新生児室へ、母子別々の部屋に離れるのが一般的になっています。これは赤ちゃんを細菌感染から守り、もし異常があったら病院スタッフによってすぐに発見できるという配慮からです。授乳の時には、赤ちゃんが母親の部屋へ、または母親が新生児室へ行くことになります。また、出産直後の母親は心身ともに疲れきっているため、十分な休養が必要です。赤ちゃんと24時間一緒では、負担が大きすぎるということも言えるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 胎児病  |  トップページ  |  次の記事 仕事を持つ女性の出産  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。