Top >  妊娠生活と出産準備 >  出産する病院の選択枝 その1

スポンサードリンク

出産する病院の選択枝 その1

ひとくちに出産のための病院といっても、いろいろな種類があります。ここでは大きな病院を見てみましょう。
ひとつめは、大きな総合病院です。内科、外科、小児科などの各科がそろっており、医師やスタッフも充実しています。このため、困難な分娩が予想されたり、赤ちゃんに異常があるときにも、十分な対応が可能です。母親に持病や合併症などある場合にも、他の診療科との連携がスムーズです。逆に、大きな病院では待ち時間が長く、いつも同じ医師とは限らない。他の患者との接触の心配などもあります。
ふたつめは、大きな規模の産院です。出産専門の病院であるため、専門医や専門のスタッフが揃い、出産関連の設備や異常時の対応も総合病院と同等かそれ以上というケースもあります。事前の講習などもしっかりしていることが多いです。ホテル並みの施設を備えた有名産院もここに当てはまります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 母体と赤ちゃんを守るために1  |  トップページ  |  次の記事 母体と赤ちゃんを守るために2  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。