Top >  妊娠生活と出産準備 >  出産する病院の選択枝 その2

スポンサードリンク

出産する病院の選択枝 その2

出産するための病院は大きなところばかりではありません。ここでは小さな規模の病院を見てみましょう。
ひとつめは、個人医院です。家庭的な雰囲気の中で、落ち着いて出産にのぞめる点がメリットといえるでしょう。医師一人、あるいは身内の医師でやっているケースが多いことから、いつも同じ医師に診てもらえるので安心です。通常は、大病院への移送など緊急時の対応方法も確立されているはずなので、心配することはないでしょう。不安であれば、万が一の場合の転送先病院などを質問しておくのもいいでしょう。
ふたつめは助産院です。とはいっても、現在では見つけることの方が難しいかもしれません。助産婦は医師ではありませんが、自然にお産をしたいと考える捨て金助産婦にめぐり合えるかもしれませんね。
最後の選択師として、自宅での分娩という方法があります。ひと昔前までは、ごく一般的な方法でしたが、今の時代にあえてリスクの高い自宅分娩を選択する必要はないと思います。

スポンサードリンク

 <  前の記事 母体と赤ちゃんを守るために2  |  トップページ  |  次の記事 法律による母性保護  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。