Top >  妊娠生活と出産準備 >  里帰り出産の問題点

スポンサードリンク

里帰り出産の問題点

一般的になっている里帰り出産といえども、必ずしもいいことばかりではありません。
まず分かりやすいのは、妊娠から出産、産後までの経過を、ひとつの病院で継続して診てもらうことができないということです。里帰りのための妊娠中の移動による負担も少なくありません。
そして、案外気づかないことですが、とても重要なことがあります。夫と長いあいだ別居することになるうえ、赤ちゃんを迎えての新生活を一緒に始めることができないということです。
それでもなお、里帰り出産の必要があるかどうか、夫婦でよく話しあって里帰り出産をするのかどうか決めるようにしてください。実家が近ければ、母親に手伝いに来てもらう、という選択師もありうるわけです。大切なわが子を迎えての新生活です。家族揃ってスタートするために、夫が忙しい思いをするのは当たり前のことかもしれません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 産前、産後の休暇  |  トップページ  |  次の記事 危険有害業務の禁止  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。