Top >  妊娠生活と出産準備 >  出産の費用は?

スポンサードリンク

出産の費用は?

妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、どんな病院で出産するかに大きく左右されます。当然のことながら、公立、国立の病院のほうが安く、私立の病院の方がが高くなります。いわゆる有名産院などではかなりの費用が必要となります。ご想像のとおり、大部屋にするか、個室にするかによってもかなりの差が出てきます。
具体的には、入院料、検査料、投薬料、分娩費、新生児介補料などで、一般的には30万円前後を目安としてください。事前に、病院できちんと確認しておくことをオススメします。
出産は病気ではないので、正常分娩の場合、健康保険は適用されません。ただし、社会保険などから分娩費、助産費など20万円程度の給付が受けられます。帝王切開など通常の分娩ではなかったり、赤ちゃんに異常がある場合には、状況に応じて健康保険が適用されます。ただし、その分入院期間が長くなったりするため、最終的な持ち出しはあまり変わらないようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 貧血  |  トップページ

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。