Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  心臓病

スポンサードリンク

心臓病

妊娠すると心臓にかかる負担は大きくなります。それは、母体だけでなく胎児にも血液を送らなければいけないからです。妊娠35〜36週の血液量は、通常の5割増といわれていいます。妊婦が心臓病の場合、この負担に耐え切れず心不全を起こしたあり、十分な血液が確保されないため、胎児が発育不良になることもあります。重度の心疾患がある場合は、命にかかわることもあるため、心疾患がある人は、妊娠する前に主治医との十分な打ち合わせが必要です。
妊娠期間中は、休息、睡眠を十分にとり、重い物を持たない、階段の利用をさけるなど、細心の注意が必要です。風邪などにもかからないように気をつけて下さい。
出産をきっかけに重症化することもあるため、とくに厳重な管理が必要です。帝王切開は、基本的には行わないはずです。出産後も安心できません。子宮に流れていた血液が全身にまわり、血流に大きな変化があるため、出産後も二週間くらいは入院して経過を観察します。

スポンサードリンク

 <  前の記事 妊娠していなくても気をつけて  |  トップページ  |  次の記事 出産予定日の決定方法  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。