Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  高血圧

スポンサードリンク

高血圧

高血圧には、遺伝的なものと思われる本態性高血圧症があります。そのほか、食生活が原因になったり、前回出産時の妊娠中毒症の後遺症や腎炎などで高血圧になります。一般的に血圧は加齢とともに高くなりますが、若い人でも血圧の高い若年性高血圧のケースもあります。
高血圧のために妊娠できないということはありません。ただし高血圧の場合、妊娠中毒症を起こしやすく、さらに血圧が上がって重症になることもあります。そうなると、胎盤の働きが低下し、早産や未熟児、胎児の生命に危険が及ぶ場合もあります。母親の身体にも危険が及ぶこともあるため、そうなると妊娠の継続を諦めざるを得ません。
妊娠前はもちろん、妊娠してからは特に体重コントロールに気を配り、食事は、高タンパク、低カロリー、減塩を実行します。休息を心掛け、過労、睡眠不足、精神的ストレスなどのないよう日常生活を穏やかに過ごせるようにしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 タバコ  |  トップページ  |  次の記事 ほんとに出産予定日に生まれるの?  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。