Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  低血圧

スポンサードリンク

低血圧

心臓は全身にくまなく血液を送るためのポンプであり、このポンプが血液を送り出す圧力が血圧です。血圧が低くても日常生活に支障がなければ問題ありませんが、妊娠中はどうしても血液が薄くなるため、低血圧に似た症状が出やすくなります。
低血圧には、原因の分からない本態性低血圧症と、何らかの病気が原因となる症候性低血圧症があります。
低血圧はたいての場合、前者であることが多く、生活習慣の改善で症状は軽くなります。後者の場合は、医師にきちんと相談し、原因となる病気の治療に取り組む必要があるでしょう。
貧血、寝起きが悪くなるなどの症状が現れるようであれば、産科医に相談しましょう。症状によっては、鉄分を補う錠剤を処方してもらうことができます。早寝早起きと、偏食のない規則正しい食生活、足を高くしたり、散歩をするなど、血液のめぐりをよくするよう心がけましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 お酒、コーヒー、紅茶  |  トップページ  |  次の記事 妊娠期間の数えかた  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。