Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  腎臓病

スポンサードリンク

腎臓病

腎臓は体内の老廃物を排泄する機能はもちろん、血圧の調節や造血作用などに関与する臓器です。もともと腎臓の機能が十分でないところに、妊娠すると赤ちゃんの分も働かなくてはいけないわけです。腎臓病の人にとって、妊娠が負担にならないわけがありません。血液中に老廃物がたまり、尿毒症や高血圧の原因となります。胎盤にも酸素と栄養が供給されづらくなるため、胎児の発育遅延や、早産、流産、胎児の死亡につながることもあります。
慢性腎炎の人は、妊娠してもよいか事前に医師と十分に相談してください。慢性腎炎でも、高血圧がなく、腎機能があるレベル以上であれば、妊娠、出産が可能です。主治医と産科医の連携のもと、減塩、高たんぱく、低カロリーの食事をとり、安静にすごすことを心掛けましょう。妊娠中に腎炎が悪化すると、母体に危険が及ぶので、人工妊娠中絶もありえます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 血液型不適合  |  トップページ  |  次の記事 流産を防ぐには  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。