Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  糖尿病

スポンサードリンク

糖尿病

糖尿病は、すい臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足し、血液中のブドウ糖の濃度が上がり、エネルギーとして利用されず尿中に排出されてしまう病気です。
糖尿病の発病は、遺伝的な部分に肥満や精神的ストレスなどが要因となりますが、もともと妊娠前から糖尿病だった人だけでなく、妊娠をきっかけとして糖尿病になる人が多く見られます。妊娠をきっかけする糖尿病は、出産後すぐに正常に戻るのが特徴ですが、出産後も継続したり再発することがあるため、あなどることはできません。
妊娠中の糖尿病は、巨大児出産や、羊水過多、胎児死亡などを招くことがあります。しかしながら、血糖値や尿等を定期的に検査し、インシュリン注射や食事療法を行うことで、妊娠、出産は十分可能です。食欲の増す妊娠後期にも、食事制限をしなければいけないので、教育入院などの方法も取られます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 なぜ、血液型不適合が起こるの?  |  トップページ  |  次の記事 切迫流産  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。