Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  ぜんそく

スポンサードリンク

ぜんそく

ぜんそくの原因は、遺伝的なもののほか、家の中のホコリ、大気汚染、さらにはウイルスの関与など、さまざまです。妊娠によるぜんそくへの影響は一定ではなく、症状が軽くなる人もいれば、ぜんそくの発作がひどくなる人もいます。
ぜんそくの激しい発作によって、流産や早産がひき起こされるのではと心配になりますが、ぜんそくによる流産はめったにありません。また、体内のホルモンの影響からか、陣痛がきている分娩時には案外発作が起きないもので、ほとんどの人が無事に出産しています。
ぜんそくの発作防止に投与される副腎皮質ホルモンは、胎児への影響はないと考えられており、妊娠中に発作が起きても、一般的なぜんそくの治療を行うことができます。ただし、ぜんそくを悪化させる原因になるようなことはさけ、ふだんから風邪をひかないよう健康に留意しましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 赤ちゃんをいつ産むか  |  トップページ  |  次の記事 習慣流産、反復流産  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。