Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  結核

スポンサードリンク

結核

結核の場合、赤ちゃんに結核が感染するとか、結核の治療に使われる抗結核剤が赤ちゃんに影響を与えるということはないと考えられています。よほど状態が悪いということのないかぎり、ふだんの治療を受けながら、妊娠、出産をすることができます。また、妊娠によって結核の症状が悪くなるということもありません。妊娠中は、特に安静と十分な栄養補給を心掛けるように注意してください。
肺活量の関係で、結核の人は分娩のときのいきむ力が十分ではありません。いきむことができない場合はは帝王切開も検討されます。開放性結核の場合は、出産後赤ちゃんを母親から隔離することもあります。
結核では、出産後とくに安静が必要です。出産による体力の消耗と、授乳や育児による疲れが原因となり、病状が悪化することが少なくありません。妊娠中よりもむしろ出産後が重要になるわけです。少なくとも、出産してから1年間は、専門医の診察を定期的に受けるようにしてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 何人産む?いつ産む?  |  トップページ  |  次の記事 妊娠中のセックス  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。