Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  椎間板ヘルニア

スポンサードリンク

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、椎間板が後方にはみ出し神経を圧迫し、腰痛や下半身の痛み、しびれが起こるものです。いわゆる、ぎっくり腰と呼ばれるものですが、妊娠をきっかけに悪化することも多いようです。妊娠しておなかが大きくなると、背中や腰に負担がかかり、腰痛が起こりやすくなります。
椎間板ヘルニア自体が、とくに妊娠、出産、あるいは赤ちゃんに影響を与えるということはないですが、とにかくつらい症状なので、再発、症状を悪化させないよう気をつけましょう。長時間の立ち仕事はしない、重い物を持ち上げない、無理な姿勢をしない、疲れたら横になって休む。
妊娠中の治療はある程度限られたことしかできませんが、あまりひどいようであれば専門医を受診しましょう。妊婦体操は予防になりますが、腰痛などの症状が出ている人は悪化させることもあるので、医師にに相談のうえ行ってください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 高年初産て何歳?  |  トップページ  |  次の記事 無痛分娩と帝王切開  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。