Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  先天異常児とは?

スポンサードリンク

先天異常児とは?

普段はあまり意識することはなく、男の子がいいだの、女の子がいいだの言っていても、ひとたび妊娠すると、とにかく五体満足に異常のない赤ちゃんが生まれさえすればそれだけでいい、ということを強く願うようになるでしょう。
生まれたときから身体に異常を持った赤ちゃんを、先天異常児といいます。一方、生まれたあとの事故や病気で、身体的な後遺症が残ったケースは、後天性の異常です。先天異常には、外形的な異常と内臓の機能に異常がある場合とがあり、その種類はさまざまです。
先天異常というと非常に強い響きがありますが、単に健常児とちがったところがある、という程度にとらえてください。発生する割合はごく低く、先天異常の胎児は流産することが多いです。また、先天異常の中には防げるものもあるのです。妊娠中の身で、いたずらに不安や恐怖心を抱く必要はありません。正しい知識を持って、心安らかに妊娠期間を過ごしてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 妊娠ってどうやってわかるの ?  |  トップページ  |  次の記事 ラマーズ法  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。