Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  先天異常児が生まれる原因

スポンサードリンク

先天異常児が生まれる原因

精子と卵子が出会い受精卵となり、が気が遠くなるほどの細胞分裂をくり返し、胎児の身体を形作っていきます。頭や手足ができ、内臓ができ、38週間かかって、赤ちゃんが誕生するわけです。たった1個の細胞である受精卵が細胞分裂をして、数百兆個という細胞になるのですから、冷静に考えれば、ただの一度の間違いもなく、遺伝子のプログラムどおりに分裂が進むのが、逆に不思議なぐらいです。そしてこのときに間違いが起こってしまうのが、先天異常です。
先天異常は、その発症の時期によって、遺伝病、配偶子病、胎芽病、胎児病の四つに分類されます。遺伝病は、父親、母親が持っている異常を起こす遺伝子が原因となるもの。配偶子病は、精子や卵子が形成される過程や受精する時に異常が起こったもの。胎芽病は、妊娠のごく初期の母体を通じたなんらかの影響により異常を起こしたもの。胎児病は、妊娠12週以後、胎児自体の発育や、母体を通しての影響で異常が起こるものです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 つわり  |  トップページ  |  次の記事 計画分娩とは  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。