Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  遺伝病

スポンサードリンク

遺伝病

顔つきや体格、体質、性格が親に似る不思議。これが遺伝です。赤ちゃんは、精子と卵子に含まれている遺伝子を受け継いで生まれてきます。父親と母親、双方の遺伝子を半分ずつ受け継ぐことで、子供にはいろいろな個性が生まれるのです。もちろん、子供のすべてが遺伝子によって決まるわけではなく、環境や育て方がとても大きな影響力を持っています。
遺伝によって受けついだものは、通常ただの個人差としてかたづけられますが、個人差ではすまない異常がある場合、遺伝病と呼ばれます。一般に知られている遺伝病には、色盲、血友病、筋ジストロフィーなどがあります。アレルギーや高血圧、糖尿病なども遺伝に関係がありそうです。
身内に遺伝病の人がいて、健康な赤ちゃんを産むことに不安がある人は、一人で悩むことなく医師に相談してください。最近では、赤ちゃんが遺伝病になる確率も、ある程度わかるようになってきています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 妊娠による身体の変化  |  トップページ  |  次の記事 あらかじめ帝王切開が決まっている揚合  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。