Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  優性遺伝と劣性遺伝

スポンサードリンク

優性遺伝と劣性遺伝

赤ちゃんは父親と母親、双方の遺伝子を受け継ぐわけですが、遺伝子は二つ一組になっていて、その一つずつを父、母、それぞれから受けつぎます。たとえば、目の色を決める遺伝子があって、父親から黒、母親から青の遺伝子をもらったとすると、その子は黒と青の両方の遺伝子を持つことになります。しかし、目の色が片方は黒、もう片方は青、なんていうことはなくて、その子の目は黒くなります。
ただし、この子の中から青の遺伝子がなくなってしまったわけではないので、同じく青の遺伝子を持つ人と結婚して、その赤ちゃんに青の遺伝子が二つそろうと目は青くなります。この場合、両親の目が黒くても、青い眼の赤ちゃんということがありえます。
このように、遺伝子の二つ一組のうちにひとつあれば表面に現れるものを優性遺伝、二つ一組の両方が揃わないと現れてこないものを劣性遺伝と呼びます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 基礎体温  |  トップページ  |  次の記事 分娩への夫の立ち会い  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。