Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  持病がある人の妊娠、出産

スポンサードリンク

持病がある人の妊娠、出産

妊娠と出産においては、健康な人でも非常に大きな負担を強いられます。持病がある人の場合は、それこそ細心の注意をもってのぞまなければいけません。しかし、医学の進歩のおかげで、以前は諦めなければいけなかった赤ちゃんも、無事出産できるケースが増えています。
仮にあなたが慢性的な病気を持っているとしても、普通に日常生活を送っているのであれば、たいていは出産できると考えてよいでしょう。もちろん、健康な人と同じというわけにはいきません。主治医と産科医の指示をよくきき、注意深く妊娠期間を過ごしましょう。主治医の診察の機会も日頃より多くとるようにし、病状のチェックを頻繁に行うようにしましょう。
健康な人に比較して、妊娠の苦労は大きなものになるかもしれませんが、夫婦で助け合い、周囲の人たちにご協力いただき、元気な赤ちゃんを産みましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 まさか、妊娠してるなんて  |  トップページ  |  次の記事 出産予定日と妊娠期間  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。