Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  遺伝の仕組みと伴性遺伝

スポンサードリンク

遺伝の仕組みと伴性遺伝

赤ちゃんは父母の遺伝子を半分ずつ受け継ぐわけですが、その遺伝子を運ぶ役割をするのは、細胞の核の中にある染色体です。ヒトの染色体は23対46個あり、この23対の染色体の上にさまざまな遺伝子がのっています。精子や卵子の中には、23対の染色体が半分に分かれた23個の染色体が入っています。精子と卵子が出会うと、それぞれの23個の染色体がまた対になって23対46個となります。このような仕組みで、父親と母親の遺伝子が子供に受け継がれていくわけです。
男女の性別を決定するのは、23対目の性染色体です。XY染色体だと男、XX染色体だと女になります。X染色体の上に、ある病的な劣性遺伝子がのっているケースがあります。この場合、女性はXXの両方にこの遺伝子がなければ、その性質は表面に出てきません。一方、男性では、Xの上にこの遺伝子があるとその性質が表面に出てきてしまいます。これが伴性遺伝です。色盲や血友病が伴性遺伝の代表例で、発病するのはほとんど男性となります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 卜キソプラズマ抗体の検査  |  トップページ  |  次の記事 立会い分娩への病院側の対応  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。